好きな物を好きなだけ

ジャニーズと2.5次元

西の話

たまにはいつもと少し違う話でも。

 

私には、西のテーマパークに熱心に応援してるお兄さんがいます。迷惑がかかるといけないのでお名前は伏せますが、所謂「推し」というやつです。

かっこよくて、いつも周りをよく見ていて、10秒足らずの出番でも決して手を抜かない。そんな自慢の推しなのです。うふふ。

 

テーマパークのいい所は、舞台とは違って席が確保されない代わりに、いつでも好きな時に会いに行けること。疲れた時、元気がなくなった時、顔が見たくなった時、ふらっと遊びに行って、明日からのエネルギーをチャージする。そんな人がきっとたくさんいるんだと思います。西にも東にもね。

2週間の自粛要請が出たタイミングで、休園前のテーマパークに駆け込む人達対して、厳しい声が上がっていたことも知っています。

「たった2週間も我慢できないのか」「今はそれどころじゃないだろう」「みんな我慢してるんだから」「何のための休園か考えろ」

言いたいことは分かります。でも、でもね。

休園明けにもう1度推しに会える保証なんてないんですよ。

またねと手を振ったけどそんな日は永遠に来なかった、なんてよくある話なんです。いつだって今しかなくて、来年も会えるかどうか、そんなことは誰にも分からないんですよ。

だから批判するなと言っている訳ではなく、ただ、あの日駆け込んだ人達の中にも、もしかしたらそういう想いの人がいたのかもしれないね。という話。

 

 

余談ですけど、私は「休園前に推しの顔が見たい」と思ってチケットを取ったら、丁度その日から休園になってしまったせいで、1ヶ月近く推しに会えてません(笑うところ)

でもまぁ推しは元気そうなので、この期間に書く書く詐欺をしてた手紙でも書いて営業再開を待とうと思います。

1日でも早く、笑顔で推しに会える日が来ることを願って。

 

#春は必ず来る